« 2006年1月 | メイン | 2006年3月 »

2006年2月 アーカイブ

Firefoxお気に入り Exstension

随時、更新、自分向け。


Configuration Mania

Resizeable Textarea

Live HTTP Headers

HTTPヘッダみるツール。

Web Developer

CSS、テーブル、フォーム情報なんかを参照するときに良く使います。

User Agent Switcher

DOM Inspector
JavaScript開発用。Firefoxをインストールするときにカスタムインストールで開発ツールをインストールするように指定する。

HTML Validator

HTMLデバッグ。Windowsのみ。開発用。

Google Toolbar for Firefox

Viamatic foXpose

たくさん、タブをつかってると便利だけど、使用頻度は高くないかも。

An EC Cookie Editor

クッキーの参照、編集が簡単。開発用。

ColorZilla

Selenium IDE

FireBugs

Grease monkey

Pearl Crescent Page Saver Basic

Locationbar²

URL表示をみやすくする

XPath Checker

XPathでの指定をその場で確認

Tails

ページにあるマイクロフォーマットデータを確認

Amazon S3 Firefox Organizer(S3Fox)

Amazon S3 クライアント

It's All Text!

テキストエリアを好きなエディタで書ける

FireFTP

Firefox なFTPクライアント


あたりかな。Firefox1.5に対応していないものもあります。 その他URL欄にabout:configって入れて、検索をYahooからGoogleに変更してたりとかしてます。 使ってる環境でまとまってなかったので,備忘録。


怪~ayakashi~おもろい

怪~ayakashi~の東海道四谷怪談を見終わりました。
天野喜孝の絵で四谷怪談。
狂言廻しが狂言戯作者。
エンディングで謎を残す演出。

でも、これ見た人のほとんどが制作者が祟られること期待しちゃうんじゃないかな。
しばらく、関係者の名前は追わせていただきます。合掌。

次週からは天守物語とのことでまた古典ですね。
絵が天野喜孝じゃないとか、全然、姫路城じゃないとか寺社仏閣城郭マニア的には不安もありますが、やっぱり見ちゃうんだろうな。


★☆Ethnaバトン★☆

寒いのでひきこもってます。
受け取ったというかEthnaバトンを拾ってみた。

Q1. Ethna を使い始めたきっかけは?
まだ使ってないです。初回リリースのころのコードを読んだだけ。

Q2. Ethna のどんなところが好き?
実践で役にたつ機能がそろっていること。構造がきれい。

Q3. Ethna を使って何を作りましたか?
いや、まだなにも。なんか作ろうかなぁ。

Q4. これから Ethna を使って作ってみたいものは?
Webメールアプリ(MUA)を0から作ってみたいです。

あと、
アソシエイトで儲かりまくるアサマシWeb。
儲かりまくるデイトレードボット。
的中しまくる競馬予想ソフト。
儲かりまくるあqwせdrftgyふじこ....(壊れた)

ま、MTの管理画面ラッパとかやってみるかも。

Q5. 今後 Ethna に望む機能は?
アプリテンプレートとか。
まじめにエンドユーザプログラミングとか目指してみるのも悪くないかも。
機能じゃないけど、もぞよしさんに会ってみたいなぁ。

Q6. 次にバトンをまわす 5 人は?
とりあえず、拾ってください -> Planet PHP Japanl経由で見てる人。

http://ethna.jp/


実家近辺の井戸端噂話

「あそこのお婆ちゃん、亡くなったらしいわよ。」
「あーら、まぁ。まだ若かったのにねぇ。」
「そうねぇ。まだ90だっていうのにねぇ。若いのにねぇ。」

超高齢化社会です。


帰り際にふと想像したんですが

左後ろの人は24時間会社にいたのではなかろうか...?


Services_Hatena - PHPの挑戦

Services_Hatena - PHPの挑戦というBlogを開設された方がいらっしゃるようなので、作りかけのはてなブックマーククラスを寄贈。
下の認証を組み込むとこで、迷って放置しちゃってたやつです。


<?php
require_once 'HTTP/Request.php';

class 
Services_Hatena_Login extends HTTP_Request{
    
// {{{ setWSSEAuth($user, $pass, $sha1 = false)
    
function setWSSEAuth($user$pass$sha1 false){
        if(
$sha1 == true){
            
$passhash base64_encode(sha1($pass));
        }else{
            
$passhash base64_encode($pass);
        }
        
$nonce sha1(time().rand().posix_getpid());
        
// ISO:8601
        
$date strftime("%Y-%m-%dT%H:%i:%mZ");
        
$wsse sprintf('UsernameToken Username="%s", PasswordDigest="%s", Nonce="%s", Created="%s"'
                    
$user$passhash$nonce$date);
        
$this->addHeader('X-WSSE',$wsse);
    }
    
// }}}
}

?>

"Services_Hatena - PHPの挑戦"というタイトルなので、個人的には、はてなツール群のPHP版クローンぐらいまで作ってほしいなぁ。
本家のPEARが難しくてもそのうちできるであろう、JPRSには是非、登録して欲しいです。
期待age。


CSSを書いてみた...

MTのテーマを元に書いてみました。
CSSの習熟度レベルが2以上3未満ぐらいなので、多少、おかしな点もあるけど、全体を把握できたメリットがおいしいです。


symfony用のzsh補完関数を書いてみたよ

Ruby on Railsを超えるとまでいわれるフレームワークsymfonyの補完関数を書いてみたよ。
symfonyの使い方をまだよくわかってないんで、間違ってるかもしれないよ。
入手はここです。
http://catbot.net/src/_symfony

zshを使っている人は$fpathにこれを設置すれば、動くはず。


echo $fpath

で、確認してね。
symfonyの前にpearコマンドの補完関数を書いたほうが良さそうなことに気づいたよ。

追記
以下を参考にさせていただきました。
zsh補完関数の書き方













Powered by
Movable Type 4.25