« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月 アーカイブ

結婚させられました

ジャスコ巡りで年始を過ごすという中途半端な田舎生活を満喫した今年の里帰りですが、実家に帰ると「そろそろ結婚しろ」との声を親戚一同から訴えられ、極めてうざいお年頃です。しかし、とうとう矛先が弟のほうに向きました。

で、博学だが、面白ければなんでもいいと思っているアホな妹が「インドには弟が兄よりも先に結婚する場合、兄は適当な木と結婚させる風習がある」となんの役にも立たない蘊蓄を披露。
そういうわけで、庭の柿の木(雌木、生年・氏名不詳)と結婚することになりました。
子供の名前は次郎と富有にすることまで決まりました。

籍をいれるのも披露宴も未定ですが、ご祝儀はうけつけます。一口3万円から。

Macworld Expo San Francisco 2007

電話テレビが新発売でコンピュータの会社じゃなくなりました、だって?

超期待していたのに。。。グス。
次は12インチの超薄型MacBook Pro、という噂 - Engadget Japanese


アレは無理矢理、電話じゃなくてPDAだと思うようにすれば、ちょっと欲しい。


グレッグ・イーガン 順列都市

2050年、人格をシミュータ上にコピーすることが可能になった世界。
分散処理プラットフォーム、人工生命、QUIPS取引所と、かなりアレゲなキーワードが全編に満載。

この未来は来るかもね。

順列都市〈上〉
順列都市〈上〉
posted with amazlet on 07.01.13
グレッグ イーガン Greg Egan 山岸 真
早川書房
売り上げランキング: 28094
おすすめ度の平均: 4.5
5 イーガンは単なるSF作家じゃない。
4 ああこれはドグラマグラなんだ
4 今でこそ
順列都市〈下〉
順列都市〈下〉
posted with amazlet on 07.01.13
グレッグ イーガン Greg Egan 山岸 真
早川書房
売り上げランキング: 28737
おすすめ度の平均: 5.0
5 時空が暴走する
5 時空が暴走する

ヒューマン2.0—Web新時代の働き方(かもしれない)

著者の千賀さんのBlogで、この本を知って最初に書評したogijunさんのBlogで、買おうと思っていて、たつをさんの書評を読んだのをきっかけにようやく購入。
秋元さんのBlogで読んだことで書いておこうと思いました。
ちょっとタイムラグを置いて書評してくれるとリマインダになって助かります(違
初めての朝日新書でした。

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)
渡辺 千賀
朝日新聞社
売り上げランキング: 862
おすすめ度の平均: 4.0
5 この値段は高いのではないでしょうか。
4 ブログ読むべし
3 おいおいおばはん


変容しつつある社会の中でどう人生を乗り切るか、というのが、この本から僕が感じたテーマ。
「ヒューマン2.0」というより「生き方2.0」なのかもしれない。
シリコンバレーという世界で最も激しい変化を遂げている場所での新しい働き方。
何を目指すか、どう働くか。生きるために必要なことは何か。

この本をあちら側のおとぎ話だと思っていると痛い目にあうかもしれない。
本書の中で多くは言及はされていないけど、シリコンバレーと同様の変化が日本でも起きつつあるし、今後、その変化が広まる可能性も高い気がする。
「会社から社員へのリスク転嫁」はもう日本の会社もやっているし。
シリコンバレーのいいこところは「会社には頼れないけど、働いている間は相当稼げる」というメリットとデメリットのはっきりしたところかも。
地域全体がベンチャー企業みたい。

日本ももっと個人で「仕事」ができるようになるといいな。っていうかしなきゃ。
シリコンバレーのしんどいところだけが日本の企業文化になるようなら、逃げよう。逃げるための準備をしておこう。

グラっときた働き方はポートフォリオワーカー(リスクテイクかよ)。
PerlとPythonとPHPとUnix C/C++とJavaScriptがそこそこできます、ではポートフォリオになっていないので、Object-Cをがんばろうと思います(違
小説でも書いてみようかな。

シリコンバレー紹介本としては「シリコンバレー精神」(僕の読書メモ)よりも個人に焦点が当たっていて、個人として直面するリスクの紹介が豊富。
読み手の立場にもよるけど、「シリコンバレー精神」はシリコンバレーへのアジテーションだったけど、この本もかなり危険。

シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 1628
おすすめ度の平均: 4.0
4 しょせん別世界の話ではあるんだけど…
4 日本はシリコンバレーに追いつけるのか?
4 Web3.0の予感を残しつつ
脳のなかの幽霊
脳のなかの幽霊
posted with amazlet on 07.01.15

V.S. ラマチャンドラン サンドラ ブレイクスリー V.S. Ramachandran Sandra Blakeslee 山下 篤子
角川書店
売り上げランキング: 85417
おすすめ度の平均: 5.0
5 脳科学の将来性を強く感じる一冊
5 とにかく面白い
4 自分とは何か

気まぐれコンセプト クロニクル

気まぐれコンセプト クロニクル
ホイチョイ・プロダクションズ
小学館
売り上げランキング: 11

初心のリマインダ

そうそう。

僕は自分がいかに楽をして儲けつつ、人を幸せにするか、っていうこと仕事にしてたんだった。



思い出しました、大森さん。ありがとうございます。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060324/233229/



何度もみたこのFlashをまたみよう。

http://storage.irofla.com/?name=unix&type=swf


日経ソフトウェアがおもしろい件

昨日、初心に帰ったのと、Perlのキャッチーな記事があったので日経ソフトウェアを買いました。

日経ソフトウェアって入門記事が多いので、初心者向けって印象があって、買ったのは久しぶりです。でも広く視点を高くしていろいろ目を向けるってのにはいいなぁ、と改めて認識した次第でございます。その上で何を選ぶかってのが大事なんだろうけど、選ぶのに選択肢は多いほうがいい。



今月号で気になったのはPerlの特集、Selenium、Webセキュリティ、Ruby on Rails、コードでコードを生成、Task man、vim、SmallTarkデザインパターン、YAMLとJSON、wxPython。




日経ソフトウエア 2007年 03月号 [雑誌]





日経BP出版センター

売り上げランキング: 299






WWW::GREE::Keyword and more...

ちゃんとしたPerlをしばらく書いておらず、ネタを探していたのですが、GREEのAPI公開ってことで、リハビリのつもりで作ってみました。
使い方はこんな感じ。

WWW::GREE::Keyword

 1 use WWW::GREE::Keyword;
2
3 my $api = new WWW::GREE::Keyword;
4 my $hot_keywords = $api->get_hot();
5
6 foreach my $item (@$hot_keywords){
7 print "$item->{'name'} : $item->{'count'}\n";
8 $id = $item->{'id'};
9 }
10
11 print "--\n";
12 $related = $api->get_related($id);
13 foreach my $item (@$related){
14 print "$item->{'name'} : $item->{'count'}\n";
15 $id = $item->{'id'};
16 }


ダウンロード WWW-GREE-Keyword-v0.0.1.tar.gz


XML::LibXMLをはじめて使ってみました。expatベースのXML::Parserよりlibxml2ベースのXML::LibXMLのほうが速いし。

モジュールのネーミングはAPI系ならWebService::GREE::Keywordのほうがいいんだろうけど、実はもう一個作りかけてしまったので、そのせいで悩んでいます。
作りかけはこれです。

WWW::GREE

 1 use WWW::GREE;
2
3 $gree = new WWW::GREE('user@example.com', 'password');
4 $responce = $gree->login();
5
6 die ('login fail') if (! $responce);
7 @blogs = $gree->get_friends_recent_blog();
8
9 foreach my $item (@blogs){
10 print "[$item->{'name'}] $item->{'title'}\n";
11 print "$item->{'body'}\n";
12 print "$item->{'url'}\n\n";
13 }

ダウンロード WWW-GREE-v0.0.1.tar.gz

GREEのHTMLはきれいなんでスクレーピングしやすかった。
こっちはまだ日記だけなので、もっとWWW::Mixiに近づけたいなぁ。

どちらもまだまだな出来ですが、一旦、公開しときます。
気づいた点があればコメントください。

CPANへの道のりはまだ遠い。。。

個人情報取り扱い上の注意

「個人情報を触ったから手を洗わなきゃ」
「それよりきれいに足を洗わないとダメだよ」

google://個人情報 元従業員












Powered by
Movable Type 4.25