« 日経ソフトウェアがおもしろい件 | メイン | 個人情報取り扱い上の注意 »

WWW::GREE::Keyword and more...

ちゃんとしたPerlをしばらく書いておらず、ネタを探していたのですが、GREEのAPI公開ってことで、リハビリのつもりで作ってみました。
使い方はこんな感じ。

WWW::GREE::Keyword

 1 use WWW::GREE::Keyword;
2
3 my $api = new WWW::GREE::Keyword;
4 my $hot_keywords = $api->get_hot();
5
6 foreach my $item (@$hot_keywords){
7 print "$item->{'name'} : $item->{'count'}\n";
8 $id = $item->{'id'};
9 }
10
11 print "--\n";
12 $related = $api->get_related($id);
13 foreach my $item (@$related){
14 print "$item->{'name'} : $item->{'count'}\n";
15 $id = $item->{'id'};
16 }


ダウンロード WWW-GREE-Keyword-v0.0.1.tar.gz


XML::LibXMLをはじめて使ってみました。expatベースのXML::Parserよりlibxml2ベースのXML::LibXMLのほうが速いし。

モジュールのネーミングはAPI系ならWebService::GREE::Keywordのほうがいいんだろうけど、実はもう一個作りかけてしまったので、そのせいで悩んでいます。
作りかけはこれです。

WWW::GREE

 1 use WWW::GREE;
2
3 $gree = new WWW::GREE('user@example.com', 'password');
4 $responce = $gree->login();
5
6 die ('login fail') if (! $responce);
7 @blogs = $gree->get_friends_recent_blog();
8
9 foreach my $item (@blogs){
10 print "[$item->{'name'}] $item->{'title'}\n";
11 print "$item->{'body'}\n";
12 print "$item->{'url'}\n\n";
13 }

ダウンロード WWW-GREE-v0.0.1.tar.gz

GREEのHTMLはきれいなんでスクレーピングしやすかった。
こっちはまだ日記だけなので、もっとWWW::Mixiに近づけたいなぁ。

どちらもまだまだな出来ですが、一旦、公開しときます。
気づいた点があればコメントください。

CPANへの道のりはまだ遠い。。。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://catbot.net/MTOS4/mt-tb.cgi/134