« Route 66 | メイン | twitter > mixi »

スーツを仕立てました

今度、結婚することになった
弟の式などに着るため、新しいスーツを仕立てました。
六本木のテーラーズベンチでのカスタムオーダーメイドです。

用途的には遊んでもいいので、スペーサーのボタン穴の縫い目を一個だけオレンジにしてみました。


はじめてオーダーメイドしたというか、社会人になってから、はじめて喪服以外のスーツを買いました。

作り方はまず着るシーンにあわせた生地を選びます。ビジネス、フォーマル、ステージ、シーズンなどで柄や色、生地の質がかなり違います。生地についている値札が出来上がり時の値段です。

生地を選んだら、トラッドなのかアイビーかなど基本的な構想についてお店の人と相談します。その上で3つボタンにするか、襟の形、ボタンの色、ベントのパターン、チェンジポケットの有無、内ポケットの有無、細身系なのかゆったりなのか、パンツのシルエットなどを好みを伝えつつ、サンプルを合わせつつ決めていきます。

例えば内ポケットにはペン、タバコ、携帯電話、チケット用などのポケットがあるので、いちいち考えていくのも楽しいですが、理想的な形を持っていてそれを伝えると早くできるそうです。ほとんどのカスタマイズは値段の内に含まれます。

最後に採寸して終わりです。既製服だとなかなかサイズが合わない人には特にオススメです。元野球部とか元バレー部な人どうですか?

六本木のテーラーズベンチは日祝休みで19:00まで営業しています。

値段はデパートでスーツを買うよりも安く量販店よりもちょっと高いぐらいでした。
どんなスーツを作るのか考えたり、お店の人とディテイルを相談したり、できあがりを待つのとか、楽しかったです。

長く着るために体形があんまり変わらないようにしないと。。。

王様の仕立て屋―サルト・フィニート (1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
大河原 遁
集英社 (2004/01/05)
おすすめ度の平均: 5.0
5 ホントに面白くなるのは女性陣が多数勢揃いしてから。
5 趣味職人のぼやき
5 頭の中でついついキャスティングしてしまいます。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://catbot.net/MTOS4/mt-tb.cgi/190