« self.age++ | メイン | 内閣府による世帯所得に与える影響の推計結果 »

メタ情報と人の記憶

会社のイントラブログに書こうと思ったけど、まぁこっちで。

認知科学で、処理水準という概念があります。
例えば、ある文章中に濁音が出る回数と食べ物に関する単語が出る回数を別々の人に数えてもらいます。
その後で、その文章をできるだけ思い出して正確に再現してもらおうとすると、食べ物に関する単語を数えた人のほうが濁音の数を数えた人よりも正確に再現することができます。

これは、形式的 < 音韻的 < カテゴリー(意味的) < 文(意味的)という順で処理内容が難しくなるため、と考えられています。Craik and Lockhart (1972)

ぶっちゃけていうと、難しいことを考える方が記憶に残りやすいよね、ってことです。

で、はてブの追加のUIは結構、追加するときにどのタグをつけようか悩むことがあるんだけど、それは後から「あー、あのブックマークはこのタグだったかなー」、と思い出すのに、役に立ってるんじゃないかと。

つけてもつけなくてもいいようなタグ追加UIとか自動キーワード抽出によるタギング(他人や忘れっぽい自分にも有効だと思うけど)は「思い出しやすく」はなかったりするんじゃないかな。





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://catbot.net/MTOS4/mt-tb.cgi/208